ホーム>大浴場の転倒防止策

大浴場の転倒防止策

ホテル・旅館・保養所等の客室・大浴場浴槽・浴室清掃及び研磨再生(無料サンプル施工受付中)

客室、大浴場の浴槽から床、壁、天井、ガラス、鏡、カランの清掃を行います。

なお、大浴場床のヌメリから壁、天井のカビ取りもサンプル施工行います。

お申し込みお問い合わせは下記よりメールにてお願い致します。

 

問い合わせバナー

大浴場のヌメリによる転倒防止と対策

大浴場に於ける、床メンテナンスの予備知識

床清掃の重要ポイント・ポリッシャーの大きさ・ブラシの種類・洗剤の選択・必ず素足で確認
お客様は長靴・靴では入浴されません。

ポリッシャー(14インチ)のかけ方と、ブラシの選択(角田ブラシ・タイネックス推選)床の洗浄に最高 

荒いブラシより中間が良い(グリーン) (歯ブラシの効果と同じ)

ポリッシャー14インチ推選 12インチは軽すぎる(仕事量が弱い)重さと回転数も重要です

ポリッシャーのかけ方・ポリッシャーの何処の部分が仕事量が大きいか知らない人が多い・遠心力を使うこと

ただポリッシヤーを回しても効果がありません。タイル、石材等一枚一枚丁寧にかけること(操ること)

車を動かす事は簡単ですが、運転は難しい(テクニックが必要ですね)ポリッシャーも同じです

 

床のヌメリの原因と言い訳・・・(悪い訳)

1) 温泉成分による(PH値が高いアルカリ成分)だから滑る

※ 対応の仕方・(酸性洗剤の使用は危険を伴う)・研磨剤・アルカリ洗剤・次亜塩素の濃度の調整で

  一番ヌメル場所でのテスト施工を行なう勿論サンプルテスト後は出来たら、デッキブラシより 

  ポリッシャーで水洗いを行い、必ず素足でチェックを行なうこと

2) 清掃する時間が短いため出来ない

※ 対応の仕方・・・エリアで考える事(危険場所を最優先)また、日常・週・月で対応出来ないかテストする

3) 床材が滑りやすい材質だから仕方がない

※ 滑らない方法・・・ノンスリップ材を張る・・・ノンスリップ剤を塗る・・・素材の表面の研磨 

   メンテナンスの改善(洗剤、研磨剤の選択及び両方の使用)等

4) 水勾配が有りすぎるから

※ 3)と同様

5) 毎日床洗いは行っているのに

※ メンテナンス後のチェック・・・担当者は素足で確認を行うこと

6) お客様の入浴数が多いから

※ 日常・週・月ごとの管理でメンテナンス方法の改善

7) シャンプー・ボディー石鹸の成分で仕方がない

※ 床洗浄剤のテストを試みる・ポリッシャーのかけ方の見直し

上記に当てはまる条件が重なり遭うと、危険度が増す床になります

 

メンテナンスと清掃道具・施工・管理方法等ご指導致します

床のヌメリは必ず解決致します。出来るだけ安価の方法で維持できます

当社貧乏会社であるため、交通費・日当・遠方の場合は宿泊費を恐縮ですが、お願い致します。

貴殿の清掃時間(昼夜問わず)伺います。料金1回指導料・・・10万円プラス宿泊費

お問い合わせのさいは、床材の種類・温泉のHP値をお知らせ下さい